目的に合わせて大きさと形を選ぼう

ひと口にポリ袋と言っても、持ち手の部分を楕円形に抜いたタイプや、手下げ型、肩ひもがついたショルダーバッグ型、レジ袋型など色々な種類があります。バザーやフリーマーケットなどでかさばる物や衣類を入れるのか、パーティで配るおみやげ用にキャンディや小物を入れるのかなど、用途に合わせて決めていきましょう。

大きな品物を入れるならこんなタイプがおすすめ

大きな品物を入れることのできるポリ袋を選ぶにあたり、耐久性が高く丈夫な素材にこだわることがおすすめです。最近では、破れにくいタイプのポリ袋の製作を受け付けている専門の業者も増えており、早めに信頼の…

小さな品物を入れるならこんなタイプがおすすめ

ポリ袋を印刷するときは、目的に合わせて大きさや形を選ぶことが大事です。小さな品物を入れるなら、取っ手を小判型にくり抜いた楕円抜き袋をおすすめします。使い勝手が良く、製造コストもリーズナブルに抑えら…

レジ袋タイプは意外と便利、使い方色々

おでかけ中に突然雨が降り出した時や風が強くなって防寒したいときに、レジ袋タイプのビニール袋が役に立ちます。大きめのレジ袋を逆さまにして中央部に10センチほどの切れ込みを入れます。それをそのまま子ど…

カラーやイラストを決めよう

大人の集まりにぴったりのデザイン

家族連れ、若い人向けのデザイン

ロゴ入りでアピール!

ポリ袋の印刷を通販で頼むメリットについて

ポリ袋の印刷を通販で頼む方法はお得で便利です。まずは、送料無料で引き受けている通販を探しましょう。また、パソコンの画面からポリ袋のデザインを決められる通販もあります。

© Copyright Printed Plastic Bags. All Rights Reserved.